今日は目元のケアについて調べてみた

瞼の肌は体の中でも一番薄いと言われるため、ほんの少しのかゆみやメイクなどの刺激でも皮膚トラブルにつながってしまうとてもデリケートな場所です。顔のなかでもとりわけ眼元はちりめんじわが寄りやすく、どうしたらいいのかと悩んでいる人も非常に多いとないでしょうか。

眼の周りに乾燥小皺がよってしまうという理由は生活によってさまざまで、カールマスカラやリキッドタイプのアイライナーなどのアイコスメをキレイに落としきる事が出来ずに肌に想像以上にダメージをかけていたり、洗う力が強いクレンジング剤を使う、洗う時に力が入りすぎることで膚に必要なうるおい成分まで洗いながしていたり、保湿が不十分な生活すること続けてしまうこと挙げられます。更に、コンピューターやタブレットの長時間の作業は目の負担をかけ、慌しく不規則な生活スタイルと極端な睡眠不足が重なってしまうことによって目の疲れが取れない原因に結び付いてしまいます。するとこの目の疲れも皺の主な原因となるので注意が必要です。

このような習慣の積み重ねで出来た目もとの皺を増えないようにする為には、アイライナーを落とすときにはまず眼元専用のオイルクレンジング剤を使い、アイシャドゥがきちんと落ちていない箇所をのこらないよう優しく洗うようにしていきます。肌に水分をはさみ込む働きをするceramideやcollagenetcが豊富に含まれされたオールインワンゲルなどを使いながらちゃんと皮膚への対策を行っていくようにします。リンクルケアの美容液等もシワ対策に効果的なのでおすすめです。

目の疲れを軽くしていく方法の一つに、暖かいタオルを目もとに当てて血液の流れを良くしていくことや、情報端末等を使うときにはちょっと休憩をする等も眼のリフレッシュになるといわれています。そのほかに出来るケア方法としては、紫外線予防に日焼け止めジェルを塗る、紫外線A波をさえぎるサングラスを掛けて外へ出るなどといったこともたいへん日焼け予防に有効です。そして、眼元を擦らないようにすることはだれでも簡単にできる疲れ目予防なのでお勧めです。