目もとの縮緬皺のもともとの原因、そしてソリューションに関してここでしっかり見ていきましょう

目のまわりの肌はとても薄いものなので、些細な外部刺激でも肌のトラブルにつながりやすいデリケートなパーツです。顔の各パーツの中でも特に瞼や目じりはちりめん皺が出来やすく、悩んでおられる方も多いのでは思います。

瞼や目尻に皺が出来てしまうという要因は生活によってさまざまで、ウォータープルーフマスカラですとかジェルアイライナーといったメイクアイテムなんかを落とす事ができずに皮ふにストレスをかけていたり、洗う力の強いクレンジング洗顔料を使う、洗い過ぎしまうことで必要な皮脂まで洗いながしてしまう、日頃の保湿ケアが不十分な状態を続けてしまうこと挙げられます。また、パーソナル・コンピューターや多機能携帯の長時間の作業は目の負担をかけてしまい、慌しい生活や睡眠不足が続くことでどんどん目の疲れが取れない原因に結び付いてしまいます。そうするとこの目の疲れも目元のシワの主な要因になってしまうので気をつけなければなりません。

このような原因によって出来る皺を減らす為には、アイブロウを落とす場合は出来れば眼元専用のメイク落としを使うようにして、アイライナーがきちんと落ちていない箇所をのこらないよう入念にします。その他、肌に潤いを閉じ込めるはたらきがあるセラミドですとかCollagenなどが沢山含まれている化粧水などを使用してしっかりとskincareをしていきます。目元用のパック等もしわ対策に効果的なのでおすすめです。

目の疲れを軽減するためには、ホットタオルを目元に当てて血行を良くしていくことや、personalcomputer等を使う時には1時間に一度休憩することも良いとされています。それ以外の目の疲れをやわらげる方法は、日焼け対策に日焼け止めジェルを塗ったり、紫外線をブロックするサングラスを掛けて外に出るなども日焼け予防に有効になります。また、目のまわりを擦ったりしないように意識することもいつでも簡単に出来る疲れ目対策なので今日から初めてみてはいかがでしょうか。